スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | TOP↑

対人賠償保険!自動車保険の中でも特に大事!見直しのコツとは!

対人賠償保険は、交通事故などで相手を死傷(死亡、ケガ、後遺障害など)させてしまった場合の補償になります。特に自賠責保険だけではカバーできない部分をこの対人賠償保険(契約した保険金額を上限として)で補償するわけです。

一般的に対人賠償保険は免責金額(自己負担額)を設定することもできますが、普通は『無制限』に設定しますね。最近の自動車事故による死亡事故などの保険金額を見ると3億~4億程度になることもあるので自賠責保険(最大3000万円)では到底カバーしきれないわけです。

なお対人賠償保険では、補償されないケースというのがあります。例えば、故意の事故の場合、また運転者(保険契約者)の配偶者や父母、子供に対する損害賠償ですね。そして自然災害(地震・台風など)の場合も補償されません。

さらにガードレールにぶつけて、助手席の人にケガを負わせた場合なども補償されないですね。これは搭乗者傷害保険での補償範囲です。なお対人賠償保険の補償内容は、保険会社で微妙に異なることもあるのでしっかりチェックしておきましょう。

一般的に対人賠償保険を見直す場合、グレードを下げる方は少なく、逆に上げる方が多いのが現実です。特に高齢になると対人賠償保険のグレードを上げる見直しが多いそうです。搭乗者や車両保険などを解約して対人賠償保険の補償を厚くするそうです。これは、経験則から自動車保険で一番大切なものは何かを知っているせいかもしれませんね!

とにかく自動車保険で一番大事なのは、対人賠償保険といえるかもしれません。
関連記事

| 自動車保険の補償 | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。